teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/154 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

異様な早さ

 投稿者:ミチェル  投稿日:2007年 3月18日(日)10時07分28秒
  通報
  毎日が早く過ぎます。
3月12日~14日、KIDLキャンプ行ってきました。


1回生
1回生はBASICでNEG。試合は一度もなかったけど、この機会を使って『ディベートって何なのか』よりは一歩進んだところで、特にモデルについて学べたかと思います。


1回生、キャンプまでの期間
入った時期が遅くエデュケ用のタバコケースで一度2Nとしてマテリアルを読みながら試合しただけだった1回生にとって、周りについていくのは大変だったと思います。でもモデルの仕組みを理解しようと必死でした。言うまでもなく向こうから取り組む姿勢だったので、ただひたすら応えるだけでした。


1回生、キャンプでやったこと
今期のイシューと繋げてディベートをしっかり理解することに徹しました。エデュケでやったattackやcard check、eqtend、refutationと、モデルとの一致性を見せたり、もう一度イシューの構成の意味を確認したり、モデルのシナリオを作ったりしました。課題として、NEGの自分なら使う。というevidenceを選んでもらったところ、uniquenessになりうる1番いいのを選んでくれました。そうやってNEGのプレパの手順をまずネットで理解しました。

私から見たら、モデルの観戦が1番役に立ったんじゃないかと思います。追いつけなくても見本になる流れとプレゼンが見れてよかったと思います。

さすがにしんどかったと思いますが刺激を受けて帰ってこれたと思うので、これからの取り組みに活かしたいです。


3回生
初めてAdvanceにしました。特にレベルがすごい高いことはなかったです。NEG。
思い付いたM/Rをパートナーに徹底して使ってもらいました。
2NCはモデルのDAを2つ、いかにUQとLKを守るか考えたのをひたすら試合で出したら褒めてもらいましたが、どっちかっていうとそのくらいしかできなかったのがうれしくないです。
2NCでもCPをたくさん出したり、セオリーで今までと違うことをしたかったしそれを守る術を身につけて帰りたかったからです。できなかった理由は2つ:ちゃんとしたセオリーのストラテを作ってなかった、回す自信がなかった。
ぐだるのはパートナーにも悪いので出すイシューの数は絞りました。
ただ諸事情により最後の試合以外は今までよりはるかにまとまった2Nができたのでネットの点では成長を確認できました。
数少ない確認の場です。

自分に対する課題はAFFは作ったのであとはNEGのストラテをまとめる、一人でセオリーを出して返してネットと一緒にラスリバでまとめる練習です。名付けてmy roomディベートです。

1回生に対する自分の課題は
◎上記からAFF/NEGともにどれか選んで回させるイシューを教える、
◎モデル以外のTopicalityと返し方を渡す、
◎試合を私とする。

‥‥‥‥☆

17,18のNAFA教が次なる1回生への刺激となると思います。


キャンプに行った1回生の次なる目標はセオリーを理解することです。

そんな感じで昨日今日NAFAセミナーにきてます。セオリーの番です。

私は果たしてStandardに作ったattackが正しいのか確かめるべくStandardのレクチャーを受けました。あとJudge系。と今期の展望。

昨日1回生と出たCPのレクチャーでCPにcompのredundancyとsupのredundancyなんてナイと聞いてびっくりです。同じ大学の2回から知った話だったから。ナイのかぁ。なんだ。



以上打つのに疲れました。
今日は13時の2コマ目からセミナーなのに早く起きすぎてカフェからご報告でした。今からイシューいろいろやります。
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/154 《前のページ | 次のページ》
/154