teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:41/415 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2時間の元気と集中が高校野球の醍醐味

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2010年 7月22日(木)21時25分7秒
  通報 編集済
  第2戦7/20(火)14:00-快晴炎天下の花巻球場
 盛岡一  000 000 053   8
 釜石商工  301 100 000   5
   小野寺(2年)先発、初回裏から、三振は取るが外野飛球がすべて長短打(3塁打2・二塁打3)となる不運で失点。
攻撃陣は 釜石商工(3年前釜石商と工の合併校)のサイドスロー(2年)を打ち上げてしまいフライの拙攻、7回裏無死3塁まではコールド負けムードだったが、リリーフ及川(3年)の落ち着いた守備でスクイズ阻止と連続2三振で勢いの流れが変わった。猛暑の8回表サードゴロの幸運ヒットからの連続短打で無死満塁、球場は大興奮、相手は萎縮してタイムリーエラー。伝統の粘りと我慢の好守備で薄氷の辛勝。嗚呼愉快なりゆかいなり・・
在校生の応援力が勝因と思われるが、・・・OBの大蛮声と中天地のM旗は県高野連から審判の邪魔だと指導があったと言うので今年は静かにしている予定・・
 
 
》記事一覧表示

新着順:41/415 《前のページ | 次のページ》
/415