teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:83/413 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

応援あるのみ

 投稿者:平成12年卒 吉田  投稿日:2009年 7月23日(木)22時26分56秒
  通報
   星先輩お久しぶりです。職場の休み時間が丁度最終回の守りでした。
応援も四回戦くらいまではまだまだ声が小さいかなと思っていましたが、今日の校歌はかなり声が出ていたと思います。
やはり勝ち続けると自然と声が出てくるものですね。

 さてここの所の流れではOBの旗振りなど大分批判されていますが、多分私も批判される側の人間になると思いますので
意見を述べさせていただきます。

 以前と特に違ったことをしているわけではないので「そんなに気になるのか」というのが率直な感想です。
私達が現役の頃は、OBが旗を振っているのを見て「そうか、一高は現役もOBも一体となって応援できるんだ。格好いいなあ」と思っていました。
卒業間もない方なんかは声が出る出る!バンカラも下火になってきた頃でしたから後方から聞こえる援護の声は頼もしい限りでした。
また同級生の中には「あれ、1年の時に3年だった応援委員じゃない?」なんて声も上がって一高の先輩後輩の絆を確認したものです。
 むしろ文句だけ言って声を出さずに観戦しているOBに腹が立ったものです。
 昔の映像を見ても球場全体を包む赤い旗は圧巻で、いつかまたこういう風に応援できればとの思いで今日まで参りました。

 しかしここの批判を見てもそうですし、高野連の応援規制も毎年厳しくなってくる中、以前のように続けるのは無理があるようにも思えてきました。
(外野席応援禁止に始まり、オカワリの禁止、守備中の組織的応援の禁止等。今年は外野側の応援席は全て現役専用に仕切られてしまい、従ってOBは現役の内野側すぐ隣に行かざるを得なかったのです。ここで従来、内野側で観戦応援していた方々とぶつかってしまったのでしょう)
 確かにここで旗を振っては観戦だけしている父兄お客さんにとって迷惑になるかも知れません。場所もとりますし。
 高野連には、積年の鬱憤から色々言いたいことがあるのですが現状はそうなのだから仕方ありません。

 考えた結果、明日は私も応援に参りますが、旗は封印することに決めました。せっかく現役が盛り上がっているところに水を差すこともない。
 また数十年に一度あるかないかの一大決戦の前です。意見の違いからぎすぎすした気持ちで応援をしたくはありません。
 知り合いのOBにも声をかけるつもりです。まあ個々の考えもありましょうから強制はできませんが。

 とにかく明日は野球部の勝利を願い、声が出なくなるまで応援したいと思います。球場で私を見かけたら声をかけてください。
 一緒に応援しましょう。一高の応援は声の応援。魂の応援。自分の言葉だからです。個々の掛け声には力があります。それが塊となって、波となって、相手が聴いただけですくむようなど迫力が生まれるのです!それが一高応援の真髄だと私は思います。
 他を寄せ付けない伝統だと思います。
 旗がなくたって、太鼓がなくたって、スタイルが変わったって体一つあればできますよ!圧倒的な声量、音の塊で我々も花巻東に勝負を挑もうではありませんか!明日は不沈艦「花巻東丸」を転覆させる為に、どれだけ(声の波で)球場を揺らせるかが応援のポイントだと思っています。

 最後に 今年の応援委員会は立候補した時、現団長の佐々木君一人しか居ませんでした。彼は先生に働きかけ、集会を開いたり仲間に呼びかけたりしてやっと四人の応援委員会を作りました。ひょっとすると彼が居なかったらバンカラ応援はなくなっていたかもしれません。
 一年前はそんな状態だったのが今、甲子園が手の届くところまで来ている。意志あるところに道はひらけると言いますが正に地でいったのです。少人数でやるからには相当な苦労があったと思いますが彼は団長としてここまで来ました。
 勿論野球部が主役ですが、彼にも素晴らしい結末が待っていることを期待しています。

 あと校歌など試合が始まる前、終わった後は旗を振りたいと思います。勿論周りの人に断ってからです。最後は現役OB含め全員で旗を振りたいものです。邪魔をしたいのではないんです。一緒にやりたいだけなんです。上で述べたこととちょっと矛盾しますがそこだけはご容赦下さい。

 長文の上、良く分からない文章になってしまい失礼しました。決戦を前に気持ちが昂ぶって書かずにはいられませんでした。ファイト一高!!!
 
 
》記事一覧表示

新着順:83/413 《前のページ | 次のページ》
/413