teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


白堊会員は応援する!

 投稿者:大天地  投稿日:2009年 7月24日(金)03時24分16秒
   吉田君はじめ白堊会員は当然ながら応援に駆けつけるし,声を出して
応援するのは当然である。在校生も伝統を継ぐのも難しい状況にあるだ
ろうからOBから見て至らないように見えるかもしれない。
 しかし,勝ち続ければ声も出るだろうし,応援も波に乗ってくるのは
当然でやっぱり勝つことが大切である。
 OBの方々も,いわれなき規制の中で,在校生に適度な配慮を持って旗
を振るのは当然の行動である。
 何としても勝ってもらいたいのは全国白堊の同士の願いである。
 ファイトー ファイトー 一高
 
 

岩手県大会決勝進出を祝す。あとは在校生諸君の球運を祈るのみ。千の風になった球友を偲んで旗振り50年です

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月23日(木)23時45分47秒
編集済
  決勝進出の日は、船山賢一団長以下全員集合するとき必ず優勝している
甲子園出場歴 盛岡中 5回 + 盛岡高校 2回 + 一高 2回
S43とS53は県予選緒戦から中天地も皆出席。
秘蔵ソニーベータビデオ記録あります。ラジオ録音もオープンリールテープで(カセットもラジカセも無かった時代)
 戦前の盛中(大正昭和)・戦後の盛岡高(昭和24-25年=一高+二高+盛商)は神代の時代・テレビもなかったので再現不能・生きた語り部に訊くこと。
 ラジオ録音はNHK第2放送局か?民間放送局実況は昭和30年代(夕日が丘の三丁目)から。
 

応援あるのみ

 投稿者:平成12年卒 吉田  投稿日:2009年 7月23日(木)22時26分56秒
   星先輩お久しぶりです。職場の休み時間が丁度最終回の守りでした。
応援も四回戦くらいまではまだまだ声が小さいかなと思っていましたが、今日の校歌はかなり声が出ていたと思います。
やはり勝ち続けると自然と声が出てくるものですね。

 さてここの所の流れではOBの旗振りなど大分批判されていますが、多分私も批判される側の人間になると思いますので
意見を述べさせていただきます。

 以前と特に違ったことをしているわけではないので「そんなに気になるのか」というのが率直な感想です。
私達が現役の頃は、OBが旗を振っているのを見て「そうか、一高は現役もOBも一体となって応援できるんだ。格好いいなあ」と思っていました。
卒業間もない方なんかは声が出る出る!バンカラも下火になってきた頃でしたから後方から聞こえる援護の声は頼もしい限りでした。
また同級生の中には「あれ、1年の時に3年だった応援委員じゃない?」なんて声も上がって一高の先輩後輩の絆を確認したものです。
 むしろ文句だけ言って声を出さずに観戦しているOBに腹が立ったものです。
 昔の映像を見ても球場全体を包む赤い旗は圧巻で、いつかまたこういう風に応援できればとの思いで今日まで参りました。

 しかしここの批判を見てもそうですし、高野連の応援規制も毎年厳しくなってくる中、以前のように続けるのは無理があるようにも思えてきました。
(外野席応援禁止に始まり、オカワリの禁止、守備中の組織的応援の禁止等。今年は外野側の応援席は全て現役専用に仕切られてしまい、従ってOBは現役の内野側すぐ隣に行かざるを得なかったのです。ここで従来、内野側で観戦応援していた方々とぶつかってしまったのでしょう)
 確かにここで旗を振っては観戦だけしている父兄お客さんにとって迷惑になるかも知れません。場所もとりますし。
 高野連には、積年の鬱憤から色々言いたいことがあるのですが現状はそうなのだから仕方ありません。

 考えた結果、明日は私も応援に参りますが、旗は封印することに決めました。せっかく現役が盛り上がっているところに水を差すこともない。
 また数十年に一度あるかないかの一大決戦の前です。意見の違いからぎすぎすした気持ちで応援をしたくはありません。
 知り合いのOBにも声をかけるつもりです。まあ個々の考えもありましょうから強制はできませんが。

 とにかく明日は野球部の勝利を願い、声が出なくなるまで応援したいと思います。球場で私を見かけたら声をかけてください。
 一緒に応援しましょう。一高の応援は声の応援。魂の応援。自分の言葉だからです。個々の掛け声には力があります。それが塊となって、波となって、相手が聴いただけですくむようなど迫力が生まれるのです!それが一高応援の真髄だと私は思います。
 他を寄せ付けない伝統だと思います。
 旗がなくたって、太鼓がなくたって、スタイルが変わったって体一つあればできますよ!圧倒的な声量、音の塊で我々も花巻東に勝負を挑もうではありませんか!明日は不沈艦「花巻東丸」を転覆させる為に、どれだけ(声の波で)球場を揺らせるかが応援のポイントだと思っています。

 最後に 今年の応援委員会は立候補した時、現団長の佐々木君一人しか居ませんでした。彼は先生に働きかけ、集会を開いたり仲間に呼びかけたりしてやっと四人の応援委員会を作りました。ひょっとすると彼が居なかったらバンカラ応援はなくなっていたかもしれません。
 一年前はそんな状態だったのが今、甲子園が手の届くところまで来ている。意志あるところに道はひらけると言いますが正に地でいったのです。少人数でやるからには相当な苦労があったと思いますが彼は団長としてここまで来ました。
 勿論野球部が主役ですが、彼にも素晴らしい結末が待っていることを期待しています。

 あと校歌など試合が始まる前、終わった後は旗を振りたいと思います。勿論周りの人に断ってからです。最後は現役OB含め全員で旗を振りたいものです。邪魔をしたいのではないんです。一緒にやりたいだけなんです。上で述べたこととちょっと矛盾しますがそこだけはご容赦下さい。

 長文の上、良く分からない文章になってしまい失礼しました。決戦を前に気持ちが昂ぶって書かずにはいられませんでした。ファイト一高!!!
 

決勝進出16年ぶり8回目 通算4勝4敗(甲子園では2勝1敗+1敗S43 + S53)

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月23日(木)22時16分43秒
編集済
  盛岡大附属  0 0 0  0 0 0  0 0 0  R 0  H 6 E 2  振6 死球 2
県立盛岡一高  0 0 0  0 0 0  1 0 X    1    2   0      8 四死球5

攻撃記録   I II III IV  V  VI   VII         VIII

  1 (遊)千葉  X     振      振                 四
 2(三)高橋  四     X      E                  犠
 3(中)山崎 XX     四    振                 X
 4(二)赤沢   X    四     X
  5(投)菊池     X    X             死球(エース左足直撃立ち上れず頑張れ1塁へ)
 6(左)中村    振   X             犠(菊池2塁へ)
 7(一)須川       X    振         振
 8(捕)中村       振    X       (菊池3盗に捕手暴投で生還・決勝点)振
 9(右)大友        H    HX (盗塁アウト)
代(右)北田(三年)                                    X
       控えの3年生も参加・最後の夏全員野球
守備記録
    1回表 XX振 三者凡退      2回表  XHXX ダブルプレー
  3回表  振HXX ダブルプレー        4回表 XXX
  5回表 H犠XX                 6回表 H四XX四X満塁策奏功(勝因)
  7回表 2塁打X 逸捕・2塁より暴走突入辛くもホームタッチアウト
    8回表  XXX外野フライ凡打・ショートファインプレー堅守
    9回表  Xレフトオーバーホームランか?フェンス直撃2塁打(危機一髪)
           三塁盗塁Xファーストゴロ好捕Xゲームセット かろうじて完封勝利
「嗚呼愉快なり」も「感涙・歓喜・がんばったあ・こうはーい」へ
 

決勝進出!おめでとう

 投稿者:小天地  投稿日:2009年 7月23日(木)18時48分54秒
編集済
   よくやりました。おめでとうございます。日報の速報が3イニングごとの書き換えでしたから、気が気でなかったです。パソコンとにらめっこしながら固唾をのんでいました。ほんとうによくやってくれましたね。盛大附属には昨年の雪辱をも果たしたし、なによりでした。遊座先生は複雑な心境でしょうけど、ほんとうに公立高校の意地で勝ちましたね。この波、いやこの風を捉えて一気呵成に上り詰めて行ってほしいです。「風かほる盛岡」に深紅のM旗がたなびいている光景を思い浮かべています。古豪の復活なるか!?一糸乱れぬ応援で模範を示すよい機会です。甲子園へのリハーサルをも兼ねて思いっきり行きましょうか。大天地さんのはしゃぐ姿も目に浮かんできましたね。 小天地  

勝った!!!

 投稿者:大天地  投稿日:2009年 7月23日(木)16時22分1秒
編集済
   中天地スコアを頼む!
 いよいよ決勝進出。菊池の威力を背景に手堅くはない攻撃ではらはらしたが、
1点を守りきって決勝進出。相手の花巻東も古豪の進出に心穏やかなるのもがあ
るに違いない。エースピッチャー温存で来てくれるとチャンスがあるのだが、
休養日があるから最初から出てくる可能性がある。とにかく実力を十分発揮し
て次につながる試合をしてほしいものだ。

 外野應援団、OB応援の問題はなかなか難しい、中天地の言うとおり在校生が
全く来ない時代もあったようなので(在校生が来ても半分は女子)、OBの進出
が大きな位置を占めているのだろうが、在校生がしっかり来ている場合はあま
り近くで旗を振るのは控えたほうがよいかもしれない。
 いつの間にやらM旗の大きさが半分ぐらいになって誰でも振れるというのも問
題かもしれない。
 

OBの旗振り応援

 投稿者:一関一高応援団幹部OB buchi  投稿日:2009年 7月23日(木)16時13分45秒
  他校のOBが口はさむ失礼お許しください。
自分も卒業して20数年。いまだに母校応援時にはK旗を持参しております。

盛岡一高の現役・OBによるM旗を振り母校を応援、
そしてエール時のそろった振りは圧巻。
それは現役当時より悔しく、羨ましく思ったものです。
先日の試合でも変わらぬ思いで一塁スタンドからみておりました。

数年前の甲子園応援時、球場関係者からアルプススタンドで多くの方に観戦してもらいたい、周りの観戦の方に迷惑という観点からOBの旗振りはやめさせられました。(現役の旗振りはOK)
従わない場合は中止となりうる場合もあると・・・。(当時の応援団顧問にはかなりのご心労をおかけいたしました。今貴校の応援団顧問でいらっしゃいます)
球場関係者、観戦されている方の中には違和感、迷惑と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、
出来うることなら私も一生K旗を振り母校を応援し続けたいです。


よしっ!やった!盛岡一高決勝進出!!

明日も幾多のM旗がはためき、現役OB父兄盛岡一高を応援する者一同が一丸となった応援で選手をバックアップし花巻東を破ってください。
一関の地より甲子園出場を祈念、応援いたしております。
けっぱれ一高!ふんばれ一高!!

長文駄文お許しください。
 

OB応援歴50年の母校愛

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月23日(木)07時44分18秒
  昭和34年卒以来、皆出席の「生きた化石」から白亜健児OB 達に応援の意義を語る。
盛岡一高生としての喜びと誇り、青春の涙は一生の想い出です。企業戦士として無為に過ごす一生、つかの間の想い出に、今は亡き級友・先輩達をお盆前のこの日に偲んでいます。
大天地時代(昭和30年代第一期黄金時代)までは、OB の応援旗は無くても在校生が市営球場を圧倒していたので充分でした。
和太鼓と深紅の応援旗で甲子園ベスト8、テレビで脚光を浴びた第2期黄金時代S43) そして第3期(S53)には応援団はマスコミの話題も味方に応援風景は最高潮でした。
常勝の一高時代を信じるOB達の加熱で、昭和60年台から平成になると
在校生応援は激減、OBの応援だけと言う時代もありました。
そしていまに至っています。OB のM旗は歴史と共に貯まる一方です。せめて一生振り続けたい
 

(無題)

 投稿者:遊人  投稿日:2009年 7月23日(木)04時00分23秒
  以前からこの掲示板を拝見していますOBです。

一時期のあからさまな現役批判もなくなり、
自主性を重んじようとの諸先輩方の意向は
一高の本来の自主性を復活させうる素晴らしいものだと感じます。

さて、先日県営球場にて、対金ヶ崎戦をバックネット裏より観戦しました。
そのさい内野スタンドで数名の応援委員会OBが旗を振りながら声援を送っていました。

母校愛に溢れる行動だとは思うのですが、
やはり現役応援団の横でM旗がバタバタと振られる光景には違和感を覚えます。

M旗がなくとも声援は十分に送ることができると思うのですが、
旗は現役生に任せ、声援を送るというのでは不十分なのでしょうか。
 

さて、いよいよ本物の闘いだ

 投稿者:大天地メール  投稿日:2009年 7月22日(水)13時25分15秒
   これからが正念場、岩手の雄として正々堂々の闘いを期待したい。
中天地初めOBの諸君も力の入った応援になるに違いないが、現役は
昔と違って勝ち戦が少なく現場の経験が浅い時代が続いたから、物
足らなさはあるだろうが温かい目で見てやってほしいものだ。自分
たちで会得していくのが大切である。
 一部パフォーマンスOBが介入しているとのうわさも聞くが、応援
団は部活動としての位置づけらしいから道を外れると在校生たちの
支持を失って淘汰される可能性もある。実体と乖離したものはいずれ
消滅する運命にあのではないだろうか。
 

今は亡き白亜OBも千の風になって球場に

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月21日(火)22時48分24秒
編集済
    一関一 0 0 1  0 0 0 0  0 0  R 1 H 5  E 0
 盛岡一 1 0 1  0 0 0  2 0 X  R 4 H 8  E 0

攻撃記録     I II III IV  V   VI  VII   VIII  IX
  1 (遊)千葉隆彦   H       H        振     H
 2(三)高橋 洵  犠      犠       X        犠
 3(中)山崎将人 死球   H             四   X
 4(二)赤沢祐介 四球     H       X            X
  5(投)菊池達朗 犠フライ     XX            X            X
 6(左)中村友隆  X           X         X            X
 7(一)須川雄介      X    四X            H
 8(捕)中村圭太      X    X             犠
 9(右)大友淳        HX      振     2塁打
     大友(No.20)は1年生
        HX=2回セカンド盗塁失敗 XX 3回セカンドゴロダブルプレー 犠=犠バント成功
守備記録
    1回表 XXX三者凡退              2回表  H 犠X 3塁残塁
  3回表  XX H暴投で3塁 H初打点後2塁タッチアウト
    4回表 XXX三連続三振             5回表 XXH 2塁盗塁強肩死
  6回表 XXX遊ゴロファインプレー           7回表 XXHH 一ゴロ好捕ファインプレー
    8回表  XXX                           9回表  XXX ゲームセット大勝利   
 

口は出したくないのですが…

 投稿者:ABAB  投稿日:2009年 7月21日(火)17時46分28秒
編集済
   現在の応援に対して、色々言いたいことはあるのですが、極力言わないようにしています。
なんと言っても現役の生徒が中心ですから。

ただし、礼儀として最低限知っておくべきことなど、本来先輩から後輩へ伝えられるべきものが、
どこかで途切れてしまっているものがあるのも事実です。

たとえば、エール交換の際に、相手校からのエールに制帽を被ったまま聞いていたり、
おしゃべりしていたりなどきちんと教わっていないようですね。

 ところで、ホラ貝は昭和五〇年代では、野球応援や高総体開会式など、
大きな試合などの時に限って鳴らしていました。
現在は、校歌斉唱の時はそのたびに鳴らしているようです。
正直言いますと、いちいち鳴らさなくても良いのにと思いますが・・・
 

中天地ありがとう

 投稿者:大天地メール  投稿日:2009年 7月20日(月)11時53分12秒
   OBもいろいろ居るかもしれないということで、統率するのも変な話なので各自の
常識と自制に任せるしかないだろう。船山先輩はすばらしいね。
 ところであの間延びした「ホラ貝」は少なくとも昭和30年代はなかったから伝統
といえるかどうか「校歌斉唱」を聞く相手に対し、簡潔に校歌斉唱済ませるのが礼
儀と思うがどうだろう。我々の頃のように声と太鼓のインパクトのみでは間が持た
ない?
 

外野席乱舞はルール違反。でも復活したい

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月20日(月)07時50分16秒
編集済
   岩手県立盛岡第一高等学校・伝統の法螺貝と和太鼓・蛮声の在校生応援團は規律あり礼儀正しく清々しい。高校生の模範として引き継ぎたい。「生きた化石・旧制高校の歴史継承」と揶揄されても「人間国宝・世界遺産」として保存すべきと言うのは中天地の持論である。但し応援のルールは毎年 代わっています。
1 守備のときは生徒は着席、声援、威圧するヤジは慎む。
2 応援は応援席(内野)のみ。OBは生徒と一緒、外野席でのM旗は禁止、直ちに退場させられる。
3 「ピッチャおかわり来い」は禁止「いちこう一発来い」で代行。
4 得点でバンザイと叫び内外野をやたら走り回るのは観客に迷惑だ。
5 外野席のM旗は目がちらちらして審判の判定を狂わすのでダメ。和太鼓は甲子園では禁止になるかもしれない、最悪の事態では将来、深紅の応援旗も持参禁止?
1-4の違反は自粛しましょう。匿名氏の助言に感謝します・5は良い方向に話し合って解決したいものです。
それでも外野席で涙する観戦歴50年の高校野球愛好者は母校愛・郷土愛か。
亡くなった級友達の背番号を偲んで・・・。戦いに散った旧制盛岡中学選手達も球場で千の風も呼んでいる・・・。   ことしも旧友と再会して喜び合う仲間達、球場に惹かれる確信犯「中天地の性」なのでした。
 

気になるOBの応援

 投稿者:大天地メール  投稿日:2009年 7月19日(日)22時37分40秒
編集済
   小生のところに匿名であるが、周りで応援しているOB(應援団OBらしい)
が在校生に対し不必要な干渉をしたり、相手校に対し不快なヤジを飛ばしたり、
とても恥ずかしい思いをしたというメールがあったが、事実なのだろうか?
 匿名のメールではなくこの掲示板で堂々と意見を述べてもらいたい!
 中天地初め野球場に行った白堊は多かったと思うがみなさんの意見を聞きた
いものだ。
 

ベスト8へ 雨中応援合戦全開

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月18日(土)19時09分20秒
編集済
   金ヶ崎 0 0 0  0 0 0  0 0 0  R 0 H 1  E 3
 盛岡一 0 0 0  0 1 3  0 0 X  R 4 H 6  E 2
       バッテリー 菊池達朗 先発1-8 1/3
         及川 亮(2年No.10最終回2/3余裕の継投)- 中村圭太(3年N0.2)
       先発メンバー 全員3年生夏青春の想い出を刻む
   1 (遊)千葉隆彦 2(三)高橋 洵 3(中)山崎将人
   4(二)赤沢祐介  5(投)菊池達朗 6(左)中村友隆
   7(一)須川雄介 8(捕)中村圭太 9(右)佐々木勇大
 1/2/3回は三者凡退4回初ヒット一本無得点続く
5回裏 4 3塁打 5 凡打 6 2塁打で得点1
6回裏 9 外野フライ 1 フライ  2 内野エラー 3 H (2アウト1・3塁) 4 四球(満塁) 5 3塁打で得点3
7・8回も押せ押せの猛攻・・守備はサードエラー2もあったがドンマイ・1安打完封三塁を踏ませず。
 雨中大応援団の歓喜、船山賢一OB団長も「嗚呼愉快也ゆかいなり」肩を組み欣喜扼腕・・
あさっては準々決勝「関中対盛中」古豪一関一高 相手にとって不足なし・・
 

今年も快進撃の夏が来た・好打攻守絶好調・快進撃・甲子園へ

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 7月16日(木)00時21分21秒
編集済
   緒戦(7月12日)森山球場
 盛岡一 0 1 0  0 0 0  2 0 0  R 3
 伊保内 0 1 0  0 0 0  0 0 0 R 1
          菊地達朗(エース.3年)- 十良沢健二(1年生No.18)
         2塁打 須川雄介(7番ファースト)

 二回戦 (7月15日)
花北青雲 0 0 0  0 0 4  0 1 0 R 5  H 7  E 2  三振11 四球 1 犠 4 残 3
盛岡一   3 0 1  0 2 0  0 0 X    6   10    0      1      3    5     8
          バッテリー 菊地達朗 - 十良沢健二
       1回裏 2塁打  千葉隆彦(1番・ショート・主将)
          2塁打  山崎将人(3番・センター)
                   2ランホームラン 赤澤祐介(4番・セカンド)
       5回裏  2塁打  高橋洵  5回裏(2番・サード)
                   2ランホームラン 5回裏 赤澤祐介

  三回戦(7月18日)は 対 金ヶ崎 (岩手県営球場)
   ベスト8は      対 一関一高か?(7月20日)
 準決勝は 2年連続で 盛岡大附属と対戦か?(22日)昨夏はベスト4で1:8敗退
       昨秋新人戦盛岡地区では3:2で勝利しています
 決勝は23日花巻東の予定
      選抜甲子園準優勝校を破り10度目の甲子園・白河越えが目標です
      日本一の高校模範生として注目・「爽やか旋風を岩手から」発信します

 今年の夏も在校生応援委員長・佐々木隆団長・全校生応援団の大蛮声と
 内野席球親会父母会・外野席OB連は健在、花巻球場を圧倒していました。
 

春の新人戦初勝利・春季東北大会盛岡地区代表決定・7回コールド完全試合・岩手大会へ

 投稿者:外野席応援OB副團長・中天地メール  投稿日:2009年 5月10日(日)19時20分4秒
編集済
  盛岡南 0 0 0 0 0 0 0   R 0 H 0  E 3
盛岡一  0 3 0 2 0 1 1x     R 7 H 14 E 0

エース(菊地達朗3年)を温存し、及川亮(2年背番号10)・十良津健二(1年No.20)の12年生若手バッテリーで完封。内外野堅守備でノーヒットノーラン。好走塁・連打で7得点。「ああ愉快なり、愉快也・・・・」
1山崎(中)(H2)・ 2千葉(遊)(2塁打)・3中村(左)(H2+2塁打)・4赤澤(二)(H2)・5須川(一)(H1)・6及川(投)(H1)・7佐々木(右)(H2)・8十良澤(捕)(H2)・9高橋(三)(H0)
監督杉田清彦・コーチ渡辺史隆・部長伊藤貴樹教師・記録員田島祥子(3年)
法螺貝と和太鼓・3人の応援委員の蛮声・約100名の在校生の凱歌・応援歌が岩手県立野球場を圧倒した。(2009/5/10 13:40-15:30)
船山賢一団長と中屋副団長も健在、平舘OBはバックネットで速報、貴重な実況記録は岩手スポーツ欄に掲載されている。
今年こそ夏の甲子園・来春の選抜21世紀枠が有望、花巻東に続け。
 

嬉しいニュース

 投稿者:大天地メール  投稿日:2009年 4月17日(金)01時18分6秒
   今度の夏の大会は、大本命花巻東を中心にその高い壁を乗り越えなければならないが、何とか決勝まで行って対決してほしい。聞くところによれば、新入生にかなり期待できるバッテリー(中学大会で活躍)が入学したらしいから先に楽しみも増えてきた感がある。  

惜敗花巻東

 投稿者:大天地メール  投稿日:2009年 4月 2日(木)16時20分45秒
   1点差で優勝を逃したが、初出場で岩手県で初めて選抜決勝進出は快挙だ。一校野球部は強敵に勝って夏の甲子園に行く気構えが必要だ。  

レンタル掲示板
/21