teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


インフルエンザには気を付けて

 投稿者:akapon  投稿日:2009年 3月10日(火)02時34分51秒
返信・引用
  > No.520[元記事へ]

なーなさん、こんばんは。
先週はインフルエンザにやられてずっと伏せっておりました。
時節柄まだ油断はできませんので、お体にはお気を付け下さい。

> 『檸檬』のあとがきっぽい、書評にあるかとおもいますが、
> 梶井基次郎は、病気のうっくつとした気分のため、たびたび、神社のあたり(どこだったかなあ、有名な場所)で、夜に、ほえて、近所迷惑となっていましたそうな~。
> 多分、新潮文庫の書評にあったかとおもいます。

巻末の解説のことかな?
う~ん、書いてある箇所を発見できませんでした。
もしかしたら他の本?

> オーフィリアかおーふぇりあですね。

イメージとしてはお寺の方だったんけどね。
僕はオフィーリアだと思ってました。訳によって違うのかな。
有名な台詞ですよね。読んだことがなくても知ってる。

> しかし、私は、終わりよければすべてよしっといったところで。

このタイトルを見ると、すぐに佳拓ちゃんの台詞を思い出します。
「イギリスの文豪に敬意を表したい気分だ」

> 真夏の夜の夢が、シャイクスピアでは好きですね。

オベロンとかが出てくる話でしたっけ?
シェイクスピアは全然読んだことないんです。
新井素子作品にタイトルが出てくるものだけでも読んでみたいなあ。

> よしもとばなな『アムリタ』がヒントっぽい。(笑→wikipedia)

え~~~、判りません。
「アムリタ」というと「甘露」を思い出しちゃいます。

> 絶版?でしたっけ。→白泉社文庫になるのを待てばいいのか。

正確には絶版ではなく「品切れ・重版未定」のようです。
新刊刊行のサイクルが早いので、古くてあまり売れていない本はどんどん刷らなくなっちゃいますね。
さびしいことです。

> 読書もひと段落したので、今度は、学校のいきかえりに読んだ、本をまた読みたい~と
> 思っています。
> ・芥川、夏目漱石、川上弘美・・などなど。

夏目漱石は僕も読みたいなあ。
一部の作品しか読んだことがないんです。
高校の国語の授業では『こころ』を読んだっけなあ……。
日本の近代作家だと森鴎外を読み返したいですねえ。
高校生の頃に読んだきりです。

今はデイヴィッド・ブリンという作家の『キルン・ピープル』というSFを読んでいます。
(出版されたのは2007年)
 
 

移動。

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 3月 3日(火)19時06分54秒
返信・引用
  > なーなさん、こんばんは。
>
> 万城目学の新刊『プリンセス・トヨトミ』が本日発売されました。
> 早速買ってきましたがまだ全部は読んでいません。先が楽しみ。
>
> 昨日は『鴨川ホルモー』の文庫版が出版されたんですよ。
> 角川文庫から、よりお求めやすい価格で発売中でございます。
>

akaponさん、こんばんわ。
角川からですか。
めもりますとも。


> > もしかしたら、夜中にほえるのもですか。(梶井さんはほえました。)
>
> すいません、これの元ネタって何ですか?

『檸檬』のあとがきっぽい、書評にあるかとおもいますが、
梶井基次郎は、病気のうっくつとした気分のため、たびたび、神社のあたり(どこだったかなあ、有名な場所)で、夜に、ほえて、近所迷惑となっていましたそうな~。
多分、新潮文庫の書評にあったかとおもいます。

>
> > なんかおすすめの貯蓄方法がありましたら(以下略)
>
> お金を使わないのが一番です。
> 尼寺へ行き煩悩の炎を吹き消しましょう。

オーフィリアかおーふぇりあですね。
しかし、私は、終わりよければすべてよしっといったところで。
真夏の夜の夢が、シャイクスピアでは好きですね。


>
> > そういえば、広隆寺にはじめていってきました。
> > ひいきの仏さんが、はしのほうにいて、涙でした。
>
> お、どの仏さんがご贔屓なんですか?

よしもとばなな『アムリタ』がヒントっぽい。(笑→wikipedia)

>
> > おすすめは、高尾滋の『スローマンションにお帰り』ですね。
> > 短編集なんですが、ほろりときます。
>
> 高尾滋の作品は、うちの店では『いっしょにねようよ』と『人形芝居』が置いてありますね。
> 『スロップマンションにお帰り』はどうやら絶版のようですが、チェックしてみます。
> ありがとうございました。

スロップ・・・五臓六腑みたいな(笑→スローライフっぽい。)
絶版?でしたっけ。→白泉社文庫になるのを待てばいいのか。
読書もひと段落したので、今度は、学校のいきかえりに読んだ、本をまた読みたい~と
思っています。
・芥川、夏目漱石、川上弘美・・などなど。

PS;誘導されたので、こちらに投稿しておきます。

では

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

買いました?

 投稿者:akapon  投稿日:2008年10月24日(金)00時23分8秒
返信・引用
  > No.517[元記事へ]

『ひでおと素子の愛の交換日記』復刻版、
発売されたのが僕の誕生日だったので、非常に気分良く買いました。
翌日には大阪で行われたSF大会で、新井素子さんにその本にサインしてもらいました。
めちゃめちゃうれしかったです。
どうせなら全巻復刊すればいいのに、と思いました。
 

絶対買う!

 投稿者:なーな  投稿日:2008年 9月 6日(土)17時36分6秒
返信・引用
  復刻版『ひでおと素子の愛の交換日記』第1巻!

買います!
三冊集めたのですが・・・とほほでなかった高校時代。
塾前に購入したのかも・・?
いまとなってはあやふやですが。
絶対買います!
めっちゃ嬉しい!

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

残暑お見舞い申し上げます。

 投稿者:akapon  投稿日:2008年 8月17日(日)04時06分17秒
返信・引用
  あんまり書き込まない不甲斐ない管理人で申し訳ありません。
暑い日が続きますね。
皆さん、お体にはくれぐれもお気を付けください。

>ちゃちゃさん

「ごっとはんど」はいいお話ですよね。僕も好きです。
他には「おと」なんかも好きです。
新井素子さんの新境地とも言える作品群ですので、
まだ読んでいない新井素子ファンには是非読んでもらいたいですね。
 

暑中見舞いもうしあげます

 投稿者:なーな  投稿日:2008年 7月19日(土)14時55分43秒
返信・引用
  暑中見舞い申し上げます。
熱中症にご注意を。
スポーツドリンクを飲みましょう。
以前、私も気持ち悪くなったことがあります。

ではでは なーな でした。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

「ちいさなおはなし」読みました。

 投稿者:ちゃちゃ  投稿日:2008年 7月13日(日)16時26分9秒
返信・引用
  こんにちは。今更ですが、先生のショートショート集である、「ちいさなおはなし」を読みました。
で、感想です。あまり言い過ぎるとネタバレになってしまうんですよね…。一番好きな話が、「ごっとはんど」です。祖父から受け継いだクレヨン…。とても素敵なお話ですよね。「かげ」や「かあてん」も好きです。「かげ」は、植物達のおはなし。「かあてん」は、とても共感できるおはなしでした。
「ちいさなおはなし」には、いろんなショートショートが入っています。皆さんも、是非読んでみて下さい!!
 

個人書店の問題~あいかわらずの・・

 投稿者:なーな  投稿日:2008年 5月29日(木)21時37分12秒
返信・引用
  > No.510[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。


> > 本屋では売ってないのですよー。
> > あと金欠っぽかったのでOFFで買いました。
>
> 本屋になかったら取り寄せて読んでくれ、というのは傲慢すぎるお願いですね。
> でも、新井素子さんは僕にとって特別な作家なので、できれば、
> まだ彼女の本が書店で流通している内は、
> 書店で買って欲しいなあと常々思っています。



>
> だって、作家って、売れなかったら次の仕事が来ないんですよ。
> 例え仕事はあったとしても、出版部数が減らされて、
> それこそ気軽に本屋で買えなくなっちゃうかも知れない。
> (まあ、それでも今ならネットで簡単に買えますが、

そういうときは、

MOTOKO ARAI(はあと) というペンネームに・・・改名しちゃったり
しちゃったら・・・うれなさそう。(笑)

今は、梨木香歩の『村田エフェンディ滞土録』角川文庫 を読み始めました。

今はネットにたよる本購買です。
前のように、店員さんに本をわたし、そのまをぼーと過ごす日が、
すくなくなってきていましたが・・・久しぶりに昔から本をかっている常連の店に、
いくと・・・店員のおじさんのいちふぁんだったことを思い出し・・・。
わきたつ何か!
もえあがる店員魂!
みたいな、変な気分。
いつみても、かわっていない店長らしき(長い間、いってるのに、いまだ、店長なのかがわからない、微妙な本屋)おじさん。
なんだか、へーんな気分。
あまり、いかんとこ・・笑・・・。

つぶれる個人書店という問題があるのに、まだ健在・。
残念なことは、昔より、漫画が多くなってしまった!ということ。

ではでは なーな でした。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

『ミルリトン探偵局』シリーズ

 投稿者:なーな  投稿日:2008年 5月28日(水)20時24分25秒
返信・引用
 
1と2 と読了。
今度は、新井素子の何かを再読しようかと考え中。

星新一ショートショートが、DVDになれば、買う気になって
おりますが、いかんせん・・。

ではでは なーな でした。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

Re: 夏も近づく八十八夜、どどん!

 投稿者:なーな  投稿日:2008年 5月13日(火)13時13分46秒
返信・引用
  > No.510[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。

> 「しい」で間違いじゃないんですね。
> 勉強になりました。
>
おはようございます!
昼に起きました!<おそい。
どうもどうも。

> 本屋になかったら取り寄せて読んでくれ、というのは傲慢すぎるお願いですね。
本屋によって置く本のじゃんるも、多少個性があって面白いものです。
アマゾンにたよるしかないかもしれません。
しかし、個人書店の小さい所でいろいろな目移りができるのも、本を買う
醍醐味でしょうか。


> でも、新井素子さんは僕にとって特別な作家なので、できれば、
> まだ彼女の本が書店で流通している内は、
> 書店で買って欲しいなあと常々思っています。

このところ、段ボール中の新井素子シリーズがよみたくってしかたないのですが、
何より、素子さんて、お写真が雑誌にのると、ご病気なのかな?
と勝手に心配してしまうんですが、顔色とかいいのでしょうか。
お体を気をつけつつ、執筆活動していただきたいものです。
(素子さんに限らず、北杜夫さんとかなども。)

新しい新井素子のブームがおきればいいのになあ。
マイブームすぎるけれども、星新一のアニメつながりで、
新井素子さんにもスポットをあてたりする取材ってないものでしょうか。
ダ・ヴィンチを買わなきゃ。

私の場合、BOOKOFFしか近所に見当たらない場所を歩いていましたんで、
OFFで見つけたら、ラッキーでした。

> > あくたがわりゅうのすけの『河童』みたいなラスト。
>
> 僕は「河童」は思い出さなかったな。
> なんだろう、思い出したとすれば『くますけと一緒に』ですかね。
> 最後にぞぞっとしたという意味で。
> 読後感も「河童」とはえらく違ったし。
> 「河童」は哀切な感じがありません?
> 『ハッピー・バースディ』のような怖さはなかったから。
> 芥川龍之介で恐いと言えば「歯車」かな。

むむっ、新しい情報!
メモメモ。
『歯車』って読んだことありません。
てんきぼ、を読みました。

> すぐにレスを付けなくて申し訳ありません。
> どうも筆無精なもので、人様の書いた文章に返事を書くとなると
> 身構えてしまってどうにも打鍵のスピードが鈍るのです。
> 決して無視している訳ではありませんので、見捨てないで下さい。

まあ大変。(爆笑)
ちょっと演じる事はありますよ。
ちょっときどっちゃった!?みたいな。

マイペースが一番いいかもしれませんね。

ではでは なーな でした。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/19