teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


TOKIOが空を飛ぶ

 投稿者:akapon  投稿日:2009年 4月15日(水)01時34分22秒
返信・引用
  > まだ、コミックス1巻ちかくを読んでます。

漫画版もいいですよ~。
既刊は全て読みましたが、続きが一向に書かれないのが気掛かりです。

共感覚についてはネットの文章を少し読みました。
そういう体質の方々がいらっしゃるんですね。
だから「感受性がゆたか」というのはちょっと違うんじゃないかと思いました。
初めて知ったので興味深かったです。
ありがとうございました。

> なんか、古い感じがいいです。

僕が70年代で思い出すことって言ったら。

『8時だョ! 全員集合』
『ザ・ベストテン』
沢田研二
ピンクレディー
スーパーカーブーム
『リングにかけろ』

とかかな。
小学生時代のことなので、何が流行ったかなんてけっこう忘れています。
沢田研二が大好きだったんですよ。
彼の曲はたまにカラオケで歌ったりします。
本当にスーパースターでした。
山口百恵にはあまり思い入れがないです。歌は知ってますけど。

なーなさんのご両親てお年はいくつくらいなんですか?
 
 

Re: Get Back <プレイバックby山口さん2

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 4月13日(月)21時57分16秒
返信・引用
  > No.529[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。
> > > 超人ではなくて、本当にいらっしゃるんですよ。
> >
> > それはどういった方々なんですか?
>
> テレビで最近いわれている「音楽に色がみえる」などなどの
> 感受性がゆたかなかたがたです。
> これは、エスパーとかじゃなくて、脳に秘密があるのですね。
> くわしくきかれても、番組の大半を忘れていて、でも2008年ぐらいから、
> 注目されてきたっぽいです。

「synaesthesia(共感覚)」っていうものです。
いろんなサイトにそれについて、かかれているので、どうぞ。

では

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

Re: Get Back <プレイバックby山口さん

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 4月13日(月)02時34分30秒
返信・引用
  > No.528[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。
うう、空腹です。

> 初心に戻って、また更新していこうと思います。
ありがとうございます。

> 「残酷な天使のテーゼ」大好きなんですよ。
> エヴァの新作映画第2弾が6月に公開されますね。とても楽しみです。
まだ、コミックス1巻ちかくを読んでます。
おそいですね。
6月ですか。
そうなんですか。
ありがとうございます。

>
> モーツァルトと言えば、ラジオドラマ版「二分割幽霊綺譚」で
> 真弓がもぐらたちにモーツァルトのピアノ協奏曲K467番、第二楽章を弾いてあげる
> というシーンがありました。
>
> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2713326
>
> この曲は聞いたことがあるような気がします。有名なのかな?

わたしがまえにリンクしたのは、残酷な=で、いまちょっとエネルギー切れなので。
また、後日おへんじしますね。

>
> > 超人ではなくて、本当にいらっしゃるんですよ。
>
> それはどういった方々なんですか?

テレビで最近いわれている「音楽に色がみえる」などなどの
感受性がゆたかなかたがたです。
これは、エスパーとかじゃなくて、脳に秘密があるのですね。
くわしくきかれても、番組の大半を忘れていて、でも2008年ぐらいから、
注目されてきたっぽいです。

>
> > 私はまだ1970年代~がマイブームです。
> > ビートルズとか。
>
> 1970年代かあ。僕は小学生でしたねェ。
> ビートルズは解散したのが1970年で、僕がまだ2歳の時でした。
> 当然記憶にありませんし、どっちかというと60年代という感じがしますね。
> 1980年代にレトロブームが起こった時は、まさに60年代が憧れの対象で、
> ビートルズの特番なんかもTVでよく組まれていました。
> なんか最近またレトロブームって言われてるらしいですけど、
> 70年代って何がいいんですか?

なんか、古い感じがいいです。
それに歌なんか、よく親と話しができるので、
いいかなと。

ビートルズ解散の前が、しびれるんです、個人的に。
くわしくは、かけないんですが。

というわけで、バナナたべにいきます。

では。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

Get Back

 投稿者:akapon  投稿日:2009年 4月13日(月)00時16分24秒
返信・引用
  そうそう、新井素子研究会のサイトを移転したんですよ。
今までネットに存在した素研へのリンクが全て無効になるので、
環境的にはゼロからの再出発になります。
初心に戻って、また更新していこうと思います。

> (残酷な天使のテーゼ)とモーツアルトのピアノ協奏曲第21番 第2楽章です。

「残酷な天使のテーゼ」大好きなんですよ。
エヴァの新作映画第2弾が6月に公開されますね。とても楽しみです。

モーツァルトと言えば、ラジオドラマ版「二分割幽霊綺譚」で
真弓がもぐらたちにモーツァルトのピアノ協奏曲K467番、第二楽章を弾いてあげる
というシーンがありました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2713326

この曲は聞いたことがあるような気がします。有名なのかな?

> 超人ではなくて、本当にいらっしゃるんですよ。

それはどういった方々なんですか?

> 私はまだ1970年代~がマイブームです。
> ビートルズとか。

1970年代かあ。僕は小学生でしたねェ。
ビートルズは解散したのが1970年で、僕がまだ2歳の時でした。
当然記憶にありませんし、どっちかというと60年代という感じがしますね。
1980年代にレトロブームが起こった時は、まさに60年代が憧れの対象で、
ビートルズの特番なんかもTVでよく組まれていました。
なんか最近またレトロブームって言われてるらしいですけど、
70年代って何がいいんですか?
 

祝!移転

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 4月 9日(木)21時50分9秒
返信・引用
  移転おめでとうございます。
記念にバナーつくりたいな~・・(<たわごとなので、きにしないでください)
掲示板(交流)もNEWになったんですね!
では

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

Re: キラッ☆

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 4月 9日(木)17時15分8秒
返信・引用
  > No.525[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。

ランカのコスプレを中川翔子がしていて、昨日youtubeでランカの星間飛行、拝見しました。

http://www.youtube.com/watch?v=medWN3uypOI
(残酷な天使のテーゼ)とモーツアルトのピアノ協奏曲第21番 第2楽章です。

藤圭子の歌は知りませんが、宇多田ヒカルのままなのは、宇多田ヒカルがでてきた時に、
親がいってました。


> 僕の人生は16、17歳の時は暗かったですね。
> 数学と理科が壊滅的に出来なくて授業中はいつもビクビクしていました。

私も数学はまるっきりだめです。でも数学的思考のいりまじった卒論をかきました。

>
> > 音に味がする、数字が色にみえるなどなど。
>
> 夢枕獏の「サイコダイバー」シリーズを思い出しました。
> 人間の意識に潜っていろいろな情報を探り出す超人たちが出てくる話なんですが、
> 意識内部の描写がそんな感じで面白いんですよ。

超人ではなくて、本当にいらっしゃるんですよ。

>
> ここ数年、音楽はほとんど聴かなくなってしまいました。
> 最近感動した曲はニコニコ動画で聴いた「バラライカ」のいさじVer.です。
> あと、ランカ・リーの「星間飛行」は名曲だと思いました。
> 時代について行けてない気がします。

大丈夫です。
私はまだ1970年代~がマイブームです。
ビートルズとか。
おまけに昭和特集番組は、ようチェックです。
よくて、1990年代ぐらいですかね。

お花見にいきたいな~。

では

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

キラッ☆

 投稿者:akapon  投稿日:2009年 4月 2日(木)01時50分17秒
返信・引用
  > No.524[元記事へ]

> 15、16、17と私の人生暗かった<そんなことない

これ、歌謡曲の歌詞なんですが、若い人は知らないでしょうね~。
「暗い歌」と書いた時に藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」が頭に浮かんだものですから、
ついタイトルに使ってしまいました。
藤圭子は1970年代の人気歌手で、宇多田ヒカルのお母ちゃんです。

http://www.youtube.com/watch?v=qurr7qTpQIg

僕の人生は16、17歳の時は暗かったですね。
数学と理科が壊滅的に出来なくて授業中はいつもビクビクしていました。

> 音に味がする、数字が色にみえるなどなど。

夢枕獏の「サイコダイバー」シリーズを思い出しました。
人間の意識に潜っていろいろな情報を探り出す超人たちが出てくる話なんですが、
意識内部の描写がそんな感じで面白いんですよ。

> 音楽では、モーツアルトなどがすきです。

お~、モーツァルトですか~。
『アマデウス』て映画は見たことがありますが、
何がモーツァルトの曲なのかよく知りません。
クラシックは聴かないんですよ。
何かおすすめの曲はありますか?

ここ数年、音楽はほとんど聴かなくなってしまいました。
最近感動した曲はニコニコ動画で聴いた「バラライカ」のいさじVer.です。
あと、ランカ・リーの「星間飛行」は名曲だと思いました。
時代について行けてない気がします。
 

Re: 15、16、17と私の人生暗かった<そんなことない

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 4月 1日(水)00時22分13秒
返信・引用
  > No.523[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。

akaponさん、おばんです。

> 漫画文庫は通常のコミックスよりも厚いので、短編集の場合は
> 新しい短篇を追加したり再編集が必要な場合がほとんどだと思います。
> 白泉社だと川原泉のコミックスが再編集されて文庫化されていますね。
> 適当な短篇がない場合は、もしかすると出版されないこともあるかも知れません。

短編が、文庫分、たまれば、もしかしたら・・というのぞみもありのわたし。

>
> > 『こころ』は、くらいけど、いい作品ですね。
>
> 暗いですかね。
> 題材は確かに暗いですが。
> 小説に対して明るい/暗いという評価軸が僕の中にはなかったので新鮮な感想でした。
>
> 歌だと明るい歌/暗い歌という感想は持ったりしますが、
> なんで小説だとそうは思わないのか、我ながらよく判りません。

そこにこせいがでるのだと、思いますよ。
音に味がする、数字が色にみえるなどなど。
音楽では、モーツアルトなどがすきです。



>
> > SFなら漫画ですが、須藤真澄がおすすめですよ。
> > 『子牛線を歩く人』などなど。
>
> 須藤真澄ですね。
> 昔『S-Fマガジン』に載っていた読み切りを読んだことがあります。
> 他の作品は知らないんで、チェックしてみますよ。
>
> うちの店の売場には一冊も置いてなかったような気が……。
>
> 須藤真澄と言えば、有川浩の3月に出た新刊『三匹のおっさん』のイラストを描いてるんですよ。
> 有川浩が須藤真澄ファンで、ダメモトでお願いしてみたら受けてくれたらしいです。
> 話が面白かったしイラストも内容にマッチしていて、絶妙なコラボレーションだと思ったです。
>
> http://bunshun.jp/pick-up/3ossan/
>
> ↑有川浩と須藤真澄の対談が読めます。

しらなかったので、またよもうとおもいますよ。
情報、ありがとうございました。(おじぎ。)

では。

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

15、16、17と私の人生暗かった

 投稿者:akapon  投稿日:2009年 3月27日(金)01時10分10秒
返信・引用
  > いずれにせよ、おなじ作者の『ディアマイン』は、もう白泉社文庫になりましたし、
> 時間の問題でしょうか・・。

漫画文庫は通常のコミックスよりも厚いので、短編集の場合は
新しい短篇を追加したり再編集が必要な場合がほとんどだと思います。
白泉社だと川原泉のコミックスが再編集されて文庫化されていますね。
適当な短篇がない場合は、もしかすると出版されないこともあるかも知れません。

> 『こころ』は、くらいけど、いい作品ですね。

暗いですかね。
題材は確かに暗いですが。
小説に対して明るい/暗いという評価軸が僕の中にはなかったので新鮮な感想でした。

歌だと明るい歌/暗い歌という感想は持ったりしますが、
なんで小説だとそうは思わないのか、我ながらよく判りません。

> SFなら漫画ですが、須藤真澄がおすすめですよ。
> 『子牛線を歩く人』などなど。

須藤真澄ですね。
昔『S-Fマガジン』に載っていた読み切りを読んだことがあります。
他の作品は知らないんで、チェックしてみますよ。

うちの店の売場には一冊も置いてなかったような気が……。

須藤真澄と言えば、有川浩の3月に出た新刊『三匹のおっさん』のイラストを描いてるんですよ。
有川浩が須藤真澄ファンで、ダメモトでお願いしてみたら受けてくれたらしいです。
話が面白かったしイラストも内容にマッチしていて、絶妙なコラボレーションだと思ったです。

http://bunshun.jp/pick-up/3ossan/

↑有川浩と須藤真澄の対談が読めます。
 

Re: インフルエンザには気を付けて

 投稿者:なーな  投稿日:2009年 3月19日(木)16時59分15秒
返信・引用
  > No.521[元記事へ]

akaponさんへのお返事です。

> なーなさん、こんばんは。
> 先週はインフルエンザにやられてずっと伏せっておりました。
> 時節柄まだ油断はできませんので、お体にはお気を付け下さい。

akaponさん、そうだったのですね。
おだいじに、なさってください。

>
> > 『檸檬』のあとがきっぽい、書評にあるかとおもいますが、
> > 梶井基次郎は、病気のうっくつとした気分のため、たびたび、神社のあたり(どこだったかなあ、有名な場所)で、夜に、ほえて、近所迷惑となっていましたそうな~。
> > 多分、新潮文庫の書評にあったかとおもいます。
>
> 巻末の解説のことかな?
> う~ん、書いてある箇所を発見できませんでした。
> もしかしたら他の本?

wikipediaにいくとのっているかも。


>
> オベロンとかが出てくる話でしたっけ?
> シェイクスピアは全然読んだことないんです。
> 新井素子作品にタイトルが出てくるものだけでも読んでみたいなあ。

もったいないです!
いきているうちによまなきゃぁ~。

>
> > よしもとばなな『アムリタ』がヒントっぽい。(笑→wikipedia)
>
> え~~~、判りません。
> 「アムリタ」というと「甘露」を思い出しちゃいます。

アムリタから派生する関連ページはないんですね。
ヒント 東京、増上寺。

>
> > 絶版?でしたっけ。→白泉社文庫になるのを待てばいいのか。
>
> 正確には絶版ではなく「品切れ・重版未定」のようです。
> 新刊刊行のサイクルが早いので、古くてあまり売れていない本はどんどん刷らなくなっちゃいますね。
> さびしいことです。

いずれにせよ、おなじ作者の『ディアマイン』は、もう白泉社文庫になりましたし、
時間の問題でしょうか・・。

>
> > 読書もひと段落したので、今度は、学校のいきかえりに読んだ、本をまた読みたい~と
> > 思っています。
> > ・芥川、夏目漱石、川上弘美・・などなど。
>
> 夏目漱石は僕も読みたいなあ。
> 一部の作品しか読んだことがないんです。
> 高校の国語の授業では『こころ』を読んだっけなあ……。
> 日本の近代作家だと森鴎外を読み返したいですねえ。
> 高校生の頃に読んだきりです。
>
> 今はデイヴィッド・ブリンという作家の『キルン・ピープル』というSFを読んでいます。
> (出版されたのは2007年)

『こころ』は、くらいけど、いい作品ですね。
今は、はじめてタイトル失念ですが、主人公が山道をのぼる場面からスタートの作品を、
よみかけています。

SFなら漫画ですが、須藤真澄がおすすめですよ。
『子牛線を歩く人』などなど。

では(レスおそくなってすいません。)

http://kazeumi2.blog53.fc2.com/

 

レンタル掲示板
/19